カリキュラム

 生物学科では生命現象について自ら学び生命の普遍性と多様性について深く認識できる人材の育成を目指し,教育・研究活動を行っています.現代の生物科学では生命体自身とそれを取り巻く環境についての様々な研究が日々進んでいます.多様な生命現象を理解するには,生物学だけではなく,数学,物理学,化学,地学そして環境科学などの自然科学の基礎知識と生命に関係するその他の科学の幅広い教養を必要とします.

 本学の生物学科に入学すると,1年次では人文・社会科学の基礎知識を養うための教育や自然科学の基礎的知識を養うための教育を受けます.2年次から3年次にかけては,専門の講義と実験を通して生物学についての専門知識と技術を修得します.これらを学んだ後に,4年次では分子レベルから生態レベルまでを専攻する個性豊かな教員の指導のもとで卒業論文研究に取り組みます.卒業論文研究として,生体構造学分野では昆虫類・種子植物の系統分類および進化生態,野生動物の生殖・発生や進化・種分化,植物細胞の分裂・分化および高等植物の染色体分化の研究を行います.生体制御学分野では高等植物の遺伝子の構造・機能および発現調節,脊椎動物の体液調節と環境適応機構,動物行動にかかわる脳ホルモン,体内時計や睡眠発現にかかわる神経機構についての研究を行います.以上の研究活動を通してさらに専門的な知識と技術を学び,理学部生物学科生としての大学教育の集大成をします.

 

科目や時間割は,年によって変更になる場合があります.