化学教室セミナー

2013年05月07日 01:30 PM | 投稿者: | カテゴリー: 反応物性, 柘植グループ

化学教室セミナーのご案内です。

化学科講演会
講師:大津 英揮 准教授(テニュアトラック教員)
講演題目:自然界のエネルギー変換反応に学ぶ機能性金属錯体の研究開発
日時:5月10日(金) 16:30-18:00
場所:理学部A424教室
化石エネルギーの消費のみで支えられた現代社会を持続性有する社会へと変革するためには、太陽光エネルギーとそれに由来する自然エネルギーの「固定・貯蔵・変換・有効利用」に関わる科学と技術の確立が必要である。自然界のエネルギー循環は、「呼吸」と「光合成」、すなわち、糖類等の有機物と二酸化炭素との相互変換と共役することで成立しており、現代社会にとって理想とすべき資源再生型エネルギー相互変換システムであると考える。本システムを構築し、社会実装するためには、(1)自然エネルギーを利用した化学エネルギー貯蔵型錯体触媒による二酸化炭素からメタノール生成、(2)メタノールを二酸化炭素に可能な限り低電位で酸化する錯体触媒分子、(3)酸素を水に可能な限り高電位で還元する錯体触媒分子、の両輪的開発が必須であり、本講演において、これらの研究成果に関し、ご紹介したい。
連絡先:富山大学大学院理工学研究部(理学)化学科 柘植(6608)

Tags: , ,