化学科4年 Fさん

2015年02月02日 11:37 AM | 投稿者: | カテゴリー: メッセージ

私は遺伝と代謝の性状を兼ね備える生体高分子である触媒活性をもったRNAを用いて人工的な超分子ナノ構造体の構築の研究を行っています。

研究室では、毎日が実験です。しかし、教科書に載っている「答え」のある実験をするのではなく、結果が分からない、「未知」の実験を行うため、試行錯誤の連続です。そのため予想通りにいかないことが多々あります。そのような時でも、先生方・先輩方とディスカッションしたり、今まで培ってきた基本的な知識を用いて考察することで、前に進むことができます。こういった日々の活動サイクル(Plan / Do / See)が研究へのモチベーションを高め、自らの成長を感じさせてくれるため、本当に充実した研究室生活です。

正直なところ辛いことも多いです。しかし、分かった・うまくいった時の感動・知的興奮は本当に素晴らしいものです。私は研究を通して化学の面白さ、奥深さに強く惹かれました。

化学の魅力を存分に味わいたい方は是非、化学科に!! きっと楽しいですよ!