【教員紹介】 大澤 力 准教授

氏名/職名/学位

大澤 力 OSAWA, Tsutomu/准教授/理学博士

メールアドレス

略歴

1980年 早稲田大学理工学部化学科卒業
1985年 大阪大学大学院理学研究科後期課程 修了(理学博士)
1985年 株式会社ヤトロン 研究部
1988年 鳥取大学 講師
1990年 鳥取大学 助教授
1995年から 現職
1998年~1999年 Universite catholique de Louvain (ベルギー) Visiting Professor

専門分野

触媒化学,物理化学

研究課題

不均一系触媒,特に光学活性物質の合成のためのエナンチオ面区別触媒,メタンなどの低級炭化水素を工業的に有用な物質に変換するための触媒について,触媒作用発現機構の解明,高活性・高選択性を有する新規触媒の開発を行っています.

学会・社会的活動等

所属学会:触媒学会,日本化学会,石油学会

メッセージ

研究

研究課題

不均一系触媒,特に光学活性物質の合成のためのエナンチオ面区別触媒,メタンなどの低級炭化水素を工業的に有用な物質に変換するための触媒について,触媒作用発現機構の解明,高活性・高選択性を有する新規触媒の開発を行っています.

著書・論文

1) Sodium ion as the most essential and effective element for the enantio-differentiating hydrogenation of prochiral ketones over tartaric acid modified Ni catalyst. T. Osawa, Y. Tanabe, M. Fujiwara, Catal. Lett., 147, 686 (2017).

2) Studies of the dissociation activities of methane and carbon dioxide over supported nickel catalyst. T. Osawa, R. Agata, A. Mouri, J. Mol. Catal. A: Chemical, 407, 163 (2015).

3) Enhanced Enantioselectivity in Heterogeneous Catalytic Hydrogenation of Acetoacetate Esters to Corresponding 3-Hydroxybutyrates using Commercial Nickel Powder. T. Osawa, T. Kizawa, S. Ikeda, T. Kitamura, Y. Inoue, V. Borovkov, Tetrahedron: Asymmetry, 25, 1630 (2014).

4) Studies of the Preparation Method of Ceria Promoted Nickel Catalyst for Carbon Dioxide Reforming of Methane. T. Osawa, Y. Nakai, A. Mouri, I-Yin S. Lee, Appl. Catal. A: Gen., 474, 100 (2014).

5) Catalytic Enantio-differentiating Hydrogenation with Commercial Nickel Powders Chirally Modified by Tartaric Acid and NaBr. T. Osawa, T. Kizawa, F. Takano, S. Ikeda, T. Kitamura, Y. Inoue, V. Borovkov, ChemCatChem, 6, 170 (2014).

教育

担当授業科目 (専門教育)化学反応学,触媒化学,物理化学実験,化学実験(分担),基礎化学セミナー(分担)

(大学院)触媒化学,最先端化学特論(分担),化学特別実験(分担)