タグのついた記事 ‘ highlights ’

分子の「形」が知りたい!

分子の「形」が知りたい!

2012年06月02日 | 投稿者:

全ての物質は原子から出来ていますが、含まれている原子の種類がわかっただけではその物質が何かは決まりません。例えば、エタノール(お酒)、ショ糖(砂糖)、セルロース(紙)は、どれも水素原子(H)と炭素原子(C)と酸素原子(O […]



異文化に触れる大切さ

異文化に触れる大切さ

2012年04月02日 | 投稿者:

私の専門は,有機分子に光や電場や酸などの外部刺激を与えて応答させ,それに伴う構造変化に連動して誘起されるさまざまなスペクトル変化を利用して,分子に仕事をさせる『有機機能性材料化学』という研究分野である。自然科学の根幹であ […]



ランダム光散乱媒体がつくる「仮想光ファイバー」

ランダム光散乱媒体がつくる「仮想光ファイバー」

2012年02月02日 | 投稿者:

「色」は、科学では一番古くて新しい問題の一つでしょう。例えば、どうして海は青いのでしょうか? 19世紀末には、水が赤い光を青い光よりも強く吸収するためだと考えられていました。チンダル (Tyndall) は、海水中に漂う […]



銅や銀の発光性の化合物

銅や銀の発光性の化合物

2011年12月02日 | 投稿者:

発光性を示す化合物、と言うと、普段の生活からは少し縁遠く思えるかもしれませんが、紫外線ランプ(ブラックライト)をあてると様々な色に発光する絵画、夜店で売っている赤や緑に光る玩具、など、少し見回すと私たちの身の回りには、“ […]



リン光状態を利用した光機能性分子

リン光状態を利用した光機能性分子

2011年10月06日 | 投稿者:

光を吸収した物質が出す発光には、蛍光とリン光があります。蛍光は、励起一重項状態という電子励起状態が、基底一重項状態に移るときに放出する光のことです。ところで、有機分子には励起一重項状態よりもエネルギーが低いところに、励起 […]



固体触媒で鏡像異性体を作り分ける

固体触媒で鏡像異性体を作り分ける

2011年01月19日 | 投稿者:

身の回りには,ワイングラスのように実像とそれを鏡に映した鏡像が重なるものと,手袋のように実像と鏡像が重ならないものがあります。分子の世界でも実像と鏡像が重ならないものがあり,この1組の化合物を鏡像異性体(光学異性体)とい […]



カロテノイド成分を連結した拡張共役系ポルフィリン誘導体の合成と性質

カロテノイド成分を連結した拡張共役系ポルフィリン誘導体の合成と性質

2008年12月15日 | 投稿者:

平成20年度有機合成化学協会北陸地区セミナー(10月10日~11日)において、土屋貴史君(理工学教育部修士課程化学専攻2年(合成有機化学第1研究室))がポスター優秀賞(演題名:カロテノイド成分を連結した拡張共役ポルフィリ […]



Pd触媒を用いたクロスカップリングによる共役ジエンの立体選択的合成法の開発

Pd触媒を用いたクロスカップリングによる共役ジエンの立体選択的合成法の開発

2008年12月10日 | 投稿者:

第52回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(2008年10月25日~27日)において、竹端里紗さん(理工学教育部修士課程化学専攻2年(合成有機化学第2研究室))がベストプレゼンテーション賞(演題名:Pd触媒を用い […]



軽い香りと重い香り

軽い香りと重い香り

2008年10月15日 | 投稿者:

キンモクセイの香りが秋を感じさせる今日この頃である。花の香りは揮発性である必要があるが、比較的低い適度の揮発性であることが必要で、全ての香りの成分が短時間のうちに揮発してしまうと、昆虫はその発生源である花に辿り着くことが […]



生物進化の鍵? 新しい酵素機能? ~生体中のバナジウムは何をしているの?~

生物進化の鍵? 新しい酵素機能? ~生体中のバナジウムは何をしているの?~

2008年10月08日 | 投稿者:

鉄イオンや銅イオンが生物の体の中で、酸素を運んだり、金属酵素として触媒反応を行ったりして、大事な働きをしていることは、みなさんも良く知っておられると思います。でも、多種多様の生物の中には変わり者がいて、バナジウム(元素記 […]