Keiji Horikawa Ph.D. Associate Professor

Geochemistry and Paleoceanography@University of Toyama

horikawa2019
exp379back

研究室について

私たちの研究室では,過去に起こった環境変化とその影響を堆積物試料や生物試料の化学的な分析から詳細に復元しています。過去の環境変化とその影響に関する知見を蓄積し,理解することで,将来の地球環境の理解や気候予測に貢献したいと考えています。

具体的な研究としては,海洋堆積物,海水,石筍,泥炭,河川水などを研究対象とし,野外での試料採取,室内での化学分析,得られたデータの解析などを行っています。

Curriculum Vitae

Kaken // 日本の研究.com // Research map //

Research Gate // Google Scholar

 

2019年度 研究室メンバー

  • 准教授 堀川恵司
  • 博士課程1年 Nurunnabi Mondal
  • 修士課程2年 手塚勇輝
  • 修士課程1年 西村日向子
  • 学部4年 野田昌裕
  • 学部4年 松島夏菜恵

 

大学院生を募集しています

野外での調査や化学分析,古環境学,あるいは機器分析に興味のある学生を歓迎します。研究室訪問はいつでも歓迎いたします.

連絡先堀川恵司 准教授

930-8555 富山市五福3190 富山大学大学院理工学研究部(理学) 生物圏環境科学科 環境化学計測第2講座

居室:理学部B319

居室電話番号:076-445-6668

 

If you are interested in studying isotope geochemistry, paleoceanography, or marine chemistry, we welcome you to join our laboratory. Please contact to me about potential research theme and scholarship information.

mail: horikawa(at)sci.u-toyama.ac.jp

研究室ニュース

  • 論文が公表されました.Matsui, H., K. Horikawa, S. Chiyonobu, T. Itaki, M. Ikehara, S. Kawagata, H. Wakaki-Uchimura, Y. Asahara, O. Seki, and Y. Okazaki (2019), Integrated Neogene biochemostratigraphy at DSDP Site 296 on the Kyushu-Palau Ridge in the western North Pacific, Newsletters on Stratigraphy, doi:10.1127/nos/2019/0549. OG後藤さんの卒論の成果が入っています.
  • 論文が公表されました.Horikawa, K., T. Kodaira, K. Ikehara, M. Murayama, and J. Zhang (2019), Millennial-scale fluctuations in water volume transported by the Tsushima Warm Current in the Japan Sea during the Holocene, Global and Planetary Change, 103028, doi: https://doi.org/10.1016/j.gloplacha.2019.103028. 小平君の卒論・修論の成果です.
  • 西村日向子さんが2019年度笹川科学研究助成に採択されました。「淡水・海水魚の微量元素・鉛同位体比の特徴:回遊履歴を推定する手法の確立」(2019/3/12)
  • 論文が公表されました.Kozaka, Y., K, Horikawa., Y, Asahara., H, Amakawa., Y, Okazaki, (2018), Late Miocene-mid Pliocene tectonically-induced formation of the semi-closed Japan Sea, inferred from seawater Nd isotopes, Geology, https://doi.org/10.1130/G45033.1. 小坂さんの博士論文の成果です.
  • 上記の研究について,プレスリリースを行いました。
    • 富山新聞(9/19),北日本新聞(9/19),NHKとやまお昼のニュース(9/22),読売新聞(10/4),財経新聞,サイエンスポータルacademist Journalでも紹介していただきました。(10/9,11)。
    • 「子供の科学(1月号)」でも紹介していただきました。
  • 論文が公表されました.Khim, B.K., K, Horikawa., Y, Asahara., Kim, J.E., M, Ikehara, (2018), Detrital Sr-Nd isotopes, sediment provenance, and depositional processes in the Laxmi Basin of the Arabian Sea during the last 800 kyrs, Geological Magazine.
  • 論文が公表されました.Maeda, A., K, Fujita., K, Horikawa., A, Suzuki., Y, Ohno, and H, Kawahata, (2018), Calibration between temperature and Mg/Ca and oxygen isotope ratios in high-magnesium calcite tests of asexually reproduced juveniles of large benthic foraminifers, Marine Micropaleontology, v. 143, 63-69.
  • 30年度科研費挑戦的研究(萌芽)が採択されました(7/2)。これから2年間,「バリウム同位体を使った氷河・氷床の融解イベントの検出」というテーマで研究を実施します。

[連絡先] 930-8555 富山市五福3190 富山大学理学部 生物圏環境科学科 環境化学計測第2講座

horikawa(at)sci.u-toyama.ac.jp