生体物質化学研究室は富山大学工学部応用化学コースに所属しています。
生体分子を化学的・工学的視点でアレコレする研究室です。

 
<NEWS>
2021

  • [2/17]早川さんの取り組んだTALEによるT7プロモーター制御に関する研究が、ChemBioChem誌の表紙(Front Cover)を飾りました!(link)
  • [2/17]迫野准教授が大門高校 環境セミナーで講演しました。たくさんの質問ありがとうございました。楽しい時間を過ごしました。
  • [2/5]有沢さんの取り組んだルシフェラーゼ融合標準物質を用いたアミロイドベータのイムノアッセイに関する研究がAnalytical Sciences誌にアクセプトされました。ご協力いただいた富山高専 間中准教授, 迫野講師に感謝いたします。おめでとうございます!
  • [1/15]シャペロンダイマー形成に関する論文がBBRC誌に掲載されました(link)。
  • [1/1]本年もよろしくお願いいたします。

2020

  • [12/9] 中尾さんの取り組んだERp29を介したシャペロンダイマー形成に関する研究がBBRC誌にアクセプトされました
  • [10/21]早川さんの取り組んだDNA結合タンパク質によるT7プロモーター制御に関する研究がChemBioChem誌にアクセプトされました
  • [10/20-22]青木さん、岩河さんがCSJ化学フェスタでオンライン発表をしました
  • [9/14-16]中尾さん、山崎さんが生化学会にてオンライン発表をしました
  • [6/13]日本生化学会北陸支部大会にて青木さんへ発表奨励賞が授与されました。
  • [3/4]研究室に3人のメンバーが加わりました。
  • [1/10]ナノ構造の異なる金属コロイドの作製法に関する報告がAnalytical Science誌に掲載されました。