富山大学研究推進機構極東地域研究センター シンボルマーク富山大学研究推進機構極東地域研究センター
日本語 / English
富山大学

スタッフ

和田 直也(WADA Naoya)

富山大学研究推進機構極東地域研究センター 教授 和田 直也
教授
センター長(2019.04.1~)、大学院理工学研究部 兼担
主な研究テーマ
・山岳域の気候変動と植物の成長履歴から見る高山生態系の環境変動
・寒冷地植物の繁殖様式と遺伝的多様性
連絡先等
Tel : 076-445-6678
Fax : 076-445-6549(理学部共通),6520
e-mail : wada (at mark) sci.u-toyama.ac.jp

主な著書・論文

  • Makoto, K., Bryanin, S.V., Lisovsky, V.V., Kushida, K., and Wada, N. (2015) Dwarf pine invasion in an alpine tundra of discontinuous permafrost area: Effects on fine root and soil carbon dynamics. Trees - Structure and Function, DOI 10.1007/s00468-015-1192-5.
  • Hirao, A. S., M. Watanabe, Q.-J. Liu, X. Li, T. Masuzawa, M. Ohara, and N. Wada. (2015) Low Genetic Diversity and High Genetic Divergence in Southern Rear Edge Populations of Dryas octopetala in the High Mountains of Far East Asia. Acta Phytotaxonomica et Geobotanica, 66(1):11-22.
  • Shinohara, Y., Kumagai., T., Otsuki., K., Kume, A., and Wada, N. (2009) Impact of climate change on runoff from a mid-latitude mountainous catchment in central Japan. Hydrological Processes, 23: 1418-1429 (DOI: 10.1002/hyp.7264).
  • 和田直也・今村弘子(編著)(2009)自然と経済から見つめる 北東アジアの環境.富山大学出版会.
  • 和田直也(2008)北アルプス立山に遺存するチョウノスケソウの生態:中緯度高山と極地ツンドラ個体群間の比較.日本生態学会誌,58:205-212.
  • 全件表示>>

山本 雅資(YAMAMOTO Masashi)

富山大学研究推進機構極東地域研究センター 教授 山本 雅資
教授
副センター長(2019.04.1~)
主な研究テーマ
・環境経済学
・東アジアを中心とした国際資源循環の問題
連絡先等
Tel : 076-445-6455
Fax : 076-445-6520
e-mail : myam (at mark) eco.u-toyama.ac.jp

主な著書・論文

  • 山本雅資(2017)「廃棄物・リサイクルの実証分析」有村・片山・松本編『環境経済学のフロンティア』, 日本評論社.
  • "The effect of cost fluctuation on waste trade and recycling in East Asia," in Yamamoto and Hosoda eds. Economics of Waste and Recycling in East Asia, Chapter 11, Routledge, 2016.
  • "The Decoupling of Affluence and Waste Discharge under Spatial Correlation: Do Richer Communities Discharge More Waste?," Environment and Development Economics, Cambridge University Press, with Daisuke Ichinose and Yuichiro Yoshida, vol 20, pp. 161-184, 2015.
  • "The Socially Optimal Recycling Rate: evidence from Japan," Journal of Environmental Economics and Management, Elsevier, with Thomas Kinnaman and Takayoshi Shinkuma, vol. 68 (1), pp. 54-70, 2014.
  • 山本雅資 (2012)「第6章 環境税」、細田衛士編 『環境経済学』、ミネルヴァ書房.
  • "On the Relationship Between Provision of Waste Management Service and Illegal Dumping", Resource and Energy Economics, Elsevier, with Daisuke Ichinose, vol.33(1), pp.79-93, 2011.
  • 全件表示>>

堀江 典生(HORIE Norio)

富山大学研究推進機構極東地域研究センター 教授 堀江 典生
教授
主な研究テーマ
ロシア経済:特にロシアの雇用問題、公共職業安定政策、新規学卒者就労問題、外国人労働者問題
連絡先等
Tel : 076-445-6436
Fax : 076-445-6419,6520
e-mail : horie (at mark) eco.u-toyama.ac.jp

主な著書・論文

  • 堀江典生(2018)「人事労務管理」新井洋史編『ロシア企業の組織と経営:マイクロデータによる東西地域比較分析』日本評論社(近刊).
  • 堀江典生(2018)「現代ロシア企業人事労務管理の東西地域間異同性」『比較経済研究』第55巻第2号(査読論文)(掲載受理).
  • 堀江典生・雲和広(2018.7)「社会主義的遺制と人事労務管理」 岩﨑一郎編著『比較経済論講義』日本評論社,pp. 309-339.
  • 溝端佐登史・堀江典生(2018.7)「市場経済移行と経路依存性:転換か進化か」岩﨑一郎編著『比較経済論講義』日本評論社,pp.105-135.
  • С. Рязанцев / Н. Хорие (2011) Моделирование потоков трудовой миграции из Центральной Азии в России, Москва: Научный мир.
  • 大津定美・松野周治・堀江典生編著(2010)『中ロ経済論:国境地域から見る北東アジアの新展開』(ミネルヴァ書房).
  • 堀江典生編著(2010)『現代中央アジア・ロシア移民論』(ミネルヴァ書房).
  • 堀江典生(2009)「ロシアの職業と職務の変容:遺制としての旧ソ連型職業分類」『比較経済研究』第46巻第1号, pp.81-95.
  • 全件表示>>

酒井 富夫(SAKAI Tomio)

富山大学研究推進機構極東地域研究センター 教授 酒井 富夫
教授
主な研究テーマ
北東アジアにおける市場経済と農業の多様性に注目しつつ、穀物供給システムの安定化に関する研究
連絡先等
Tel : 076-445-6444
Fax : 076-445-6419,6520
e-mail : tsakai (at mark) eco.u-toyama.ac.jp

主な著書・論文

  • 酒井富夫(2013)「米産業の国際競争力-日本と韓国の比較-」、星野富一他編『東アジアの競争と協調』(CEAKS研究叢書「交響するアジア」2)、富山大学『東アジア「共生」学創成の学際的融合研究』(CEAKS)、pp.92-105
  • 酒井富夫(2012)「ライファイゼン・エネルギー協同組合」、村田武他編『脱原発・再生可能エネルギーとふるさと再生』、筑波書房、pp.80-83,86-87
  • 酒井富夫(2012)「農業構造問題と国家の役割」『農業問題研究』第44巻第1号、pp.32-41
  • 酒井富夫(2008)「市場対応型農政下の中国農業構造問題-誰が中国農業を担うのか-」(座長解題)『農業問題研究』,第62号,pp.31-35.
  • Tomio Sakai (2003) `An Analysis of Trends in Japan's Feed Grain Imports' in "Papers of the First Colloquium on Northeast Asian Studies", Novosibirsk: IEIE SB RAS, pp.4-16
  • 酒井富夫編著(2001)『集団営農の日本的展開~朝日農業賞36年の軌跡~』、朝日新聞社(発行)、農文協(発売).

馬 駿(MA Jun)

富山大学研究推進機構極東地域研究センター 教授 馬 駿
教授
主な研究テーマ
人的資源管理、労働経済学、組織の経済学
連絡先等
Tel : 076-445-6457
Fax : 076-445-6419,6520
e-mail : majun (at mark) eco.u-toyama.ac.jp

主な著書・論文

  • 馬駿,(2012)「液晶テレビ製造企業における製品開発と人材マネジメントの日中韓比較」『世界の工場から世界の開発拠点へ:製品開発人材マネジメントの日中韓比較』第4章,pp.77-97,都留康・守島基博編著,東洋経済新報社。
  • Jun Ma, (2011) 'Foreign Direct Investment Strategies  on Managerial Decisions and Corporate Performance in Japan: An Analysis Based on Corporate-Level Micro data,'"Have Japanese Firms Changed? The Lost Decade,"Chapter8, pp.161-190, Edited by Hiroaki Miyoshi and Yoshifumi Nakata, Macmillan.
  • 馬駿(2010)「中国企業における技術者の仕事とキャリア開発 技術者に対するアンケート調査の結果に基づき」『富大経済論集』、査読無、56巻1号、pp.61-92
  • 馬駿(2010)「中国企業のイノベーション活動と人材管理-自動車製造グループ企業に対するアンケート調査に基づき」、『富大経済論集』、査読無、55巻3号、pp.461-491
  • Jun MA,  IMAMURA, and ZHAO(2008), Analysis of Unemployment During Transition to a Market Economy:  The Case of Laid-off Workers in the Beijing Area, Far Eastern Studies Vol.7 pp.41-64
  • 馬駿(2007)「中国の自動車産業における企業間取引関係」富大経済論集,第53卷第1号,pp.77-116
  • 馬駿(2007)「雇用政策の変化が日本企業の人材育成に与える影響」 同志社ITECワーキングペーパー 07-21
  • 馬駿(2007)「日本企業のグローバリゼーション,組織再編,研究開発と取引関係に関する実証分析」同志社ITECワーキングペーパー 07-22

杉浦 幸之助(SUGIURA Konosuke)

富山大学研究推進機構極東地域研究センター 教授 杉浦 幸之助
教授
(兼担)
主な研究テーマ
・寒冷圏の雪氷変動や降積雪、吹雪
・植生・土壌・大気などと積雪との関係性
連絡先等
Tel : 076-445-6648
e-mail : sugiura (at mark) sci.u-toyama.ac.jp

主な著書・論文

  • Sugiura, K., S. Nagai, T. Nakai, R. Suzuki, 2013: Application of time-lapse digital imagery for ground-truth verification of satellite indices in the boreal forests of Alaska. Polar Science, 7, 149-161.
  • Sugiura, K., T. Ohata, 2008: Large-scale characteristics of the distribution of blowing snow sublimation. Annals of Glaciology, 49, 11-16.
  • 杉浦, 2006: 吹雪の鉛直多層エネルギー交換モデル. 雪氷, 68(6), 549-562.
  • Sugiura, K., T. Ohata, D. Yang, 2006: Catch characteristics of precipitation gauges in high-latitude regions with high winds. Journal of Hydrometeorology, 7(5), 984-994.
  • Sugiura, K., N. Maeno, 2000: Wind-tunnel measurements of restitution coefficients and ejection number of snow particles in drifting snow: determination of splash functions. Boundary-Layer Meteorology, 95, 123-143.
  • 全件表示>>

馬 欣欣(MA Xinxin)

富山大学研究推進機構極東地域研究センター 准教授 馬 欣欣
准教授
主な研究テーマ
・中国経済論:中国における所得格差と社会保障制度
・労働経済学:体制移行と中国労働市場の分断化問題
・開発経済学:中国における出稼ぎ就業問題
連絡先等
Tel : 076-445-6430
Fax : 076-445-6430
e-mail : xxma (at mark) eco.u-toyama.ac.jp

主な著書・論文

  • Ma, X.(2018)Economic Transition and Labor Market Reform in China, Palgrave Macmillan.
  • Ma, X.(2018)“Labor Market Segmentation by Industry Sectors and Wage Gaps between Migrants and Local Urban Residents in Urban China” China Economic Review, 47, pp.96-115.
  • Ma, X. (2018) “Ownership Sector Segmentation and Gender Wage Gap in Urban China during the 2000s” Post-Communist Economies, 30(6), pp.775-804.
  • Ma, X. (2016) “Economic Transition and the Determinants of Self-employment in Urban China: 2007-2013” Journal of Chinese Economic and Business Studies, 14(3), pp.279-307.
  • Li, S. and Ma, X. (2015) “Impact of Minimum Wage on Gender Wage Gaps in Urban China,” IZA Journal of Labor and development, (2015) 4:20.
  • 馬欣欣(2015 ) 『中国の公的医療保険制度の改革』、京都大学学術出版会.
  • 全件表示>>
> スタッフ

▲ PAGE TOP