富山大学 工学部 生命工学科 生体情報薬理学研究室

生体情報薬理学研究室のホームページへようこそ
 当研究室では,動物モデルを用いて「痛み」や「痒み」が慢性化するメカニズムの解明と,新しい慢性疼痛・掻痒治療薬の創薬に関する研究を行っています。また痛み・痒みに伴う負の情動行動(不安,うつ)に関する研究も行っています(詳しくは研究内容から)。
 学内外問わず,「やる気のある学生」,「好奇心旺盛な学生」,「ルールを守れる学生」を募集しています(詳しくはこちらから)。
工学部共通の研究室ホームページ(http://enghp.eng.u-toyama.ac.jp/labs/lb09/)もぜひご覧ください。


新着情報新着情報               

過去(2019年以前)の更新情報はこちら → 過去の更新情報
2020年8月4日
共同研究として参加した論文が Biochem Biophys Res Commun (IF = 2.985) にアクセプトされました(研究業績NEW!
2020年7月8日
共同研究として参加した論文が J Neurochem (IF = 4.066) にアクセプトされました(研究業績NEW!
2020年4月15日
アが令和元年度「学生が選ぶザ・ティーチャー(後輩に勧めたい講義をする教員,わかりやすい講義をする教員など)」に選ばれました(5年連続5回目)
2020年4月8日
共同研究として参加した論文が PLoS One (IF = 2.776) にアクセプトされました(研究業績
2020年4月7日
満開の桜の下,研究室の集合写真を撮影しました。4月からはこのメンバーで頑張っていきます(イベント/アルバム
2020年4月1日
研究室メンバーを更新しました(研究室メンバー
2020年3月24日
令和元年度,卒業証書授与式。COVID-19の影響を受け,縮小しての開催となりました。当研究室からは修士2名と学士4名が巣立ちました(イベント/アルバム
2020年3月16-18日
第93回日本薬理学会年会(横浜)は新型コロナウイルス感染症の拡大のため,誌上開催となりました。当研究室からは共同研究を含め4演題を発表の予定でした(研究業績
このページの先頭へ

生体情報薬理学研究室

〒930-8555
富山県富山市五福3190
富山大学大学院理工学研究部(工学)
生体情報薬理学研究室
(生物棟および大学院棟5階)
 アクセス・キャンパスマップ

TEL 076-445-6875(准教授室)
E-mail takasaki(@)eng.u-toyama.ac.jp

リンク

■ 富山大学 ホームページ
■ 工学部 ホームページ
■ 生命工学科 ホームページ
■ 研究室ホームページ(工学部版)




アクセスカウンター

スマートフォン版

生体情報薬理学研究室

スマートフォン版

newpage2.htmlへのリンク

スマートフォン版

生体情報薬理学研究室

生体情報薬理学研究室

スマートフォン版