Japanese / English

富山大学
学術研究部 理学系
土'田 共生機能科学研究室

〒930-8555
富山市五福3190


e-mail:
tsuchida AT sci.u-toyama.ac.jp
(スペースをとって"AT"を@に変換してください)
代表電話:076-445-6011


獲得競争的資金

16) 2021年度-2024年度 科学研究費補助金 基盤研究B, 「マダラケシツブゾウムシ超入れ子型共生系を用いた虫瘤形成機構の包括的解析」代表:土`田 努(分担:鈴木 義人(茨城大学)・別所-上原 奏子(東北大))

15) 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 平成30年度 イノベーション創出強化研究推進事業「害虫内部の必須共生機能を標的とした低環境負荷型防除資材の開発」代表:土`田 努(分担:藤原 亜希子(群馬大学)・小川 健司(理研 創薬)・八代田 陽子(理研 ケミカルゲノミクス)・森 光太郎(石原産業))

14) 平成30年度 (第35回)公益財団法人富山第一銀行奨学財団「研究活動に対する助成」, 「昆虫内部共生系を対象とした、未開の遺伝子資源および害虫防除標的探索のための遺伝子機能解析法の確立」代表:土`田 努

13) 2018年度-2020年度 科学研究費補助金 基盤研究C, 「コナジラミ類の複合共生系に見られる”菌細胞内棲み分け”の多様性と形成機構の解析」代表:土`田 努(連携:藤原 亜希子(群馬大学))

12)公益財団法人双葉電子記念財団 平成30年度自然科学研究助成, 「必須共生機能の阻害による新しい害虫防除資材の開発:環境に優しい持続可能型農業を目指して」代表:土`田 努(分担:藤原 亜希子(群馬大学))

11) 2015年度ー2017年度 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 シーズ創出ステージ, 「コナジラミ類をモデルとした共生機能阻害による低環境負荷型害虫防除資材の開発」代表:土`田 努

10) 2015年度ー2017年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究, 「生殖細胞を介さず次世代へと伝わる菌細胞ゲノムの遺伝学・進化学的解析」代表:土`田 努

9) 2013年度ー2015年度 JSPS二国間交流事業 オープンパートナーシップ共同研究,「内部共生細菌が、アブラムシの捕食ー被食関係に与える影響の解析」代表:土'田 努 (フランス側代表:Jean-Chrstophe SIMON)、分担:藤原 亜希子、杉本 貴文、松澤 宏朗

8) 2013年度ー2014年度 二国間交流事業 共同研究,「アブラムシー植物ウイルス間相互作用に内部共生細菌が与える影響の解析」代表:土'田 努 (ベルギー側代表:Frederic Francis)、分担:藤原 亜希子、杉本 貴文

7) 2011年度ー2015年度 科学研究費補助金若手研究A,「共生器官の選択的機能阻害による害虫制御技術の基盤研究」代表:土'田 努

6) 2010年度-2014年度 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型),「共生細菌による 宿主昆虫の体色変化:隠蔽色に関わる分子基盤の解明」分担:土'田 努(代表:深津武馬(産業技術総合研究所))

5) 2010年度 日本学術振興会 国際学会等派遣事業(IXth European Congress of Entomology(ハ ンガリー, 2010年 8月)にて成果オーラル発表分) , 代表:土'田 努, 400千円

4) 2009年度-2010年度 科学研究費補助金若手研究B,「共生細菌が昆虫に賦与する特定植物適応 の生理・分子機構」代表:土'田 努, 4,420千円

3) 2008年度 住友財団基礎科学研究助成「共生細菌が植物の防御物質を解毒する?」 代表:土'田 努, 800千円

2) 2005年度-2006年度 日仏交流促進事業(SAKURAプログラム) 「アブラムシの寄主植物特異性に非 必須共生体が与える影響の解析」分担:土'田 努(代表:深津武馬(産業技術総合研究所)、Jean-Christophe Simon(INRA,France) 2,000千円

1) 2005年度-2007年度 文部科学省(日本学術振興会)科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「共生微生物によって賦与される昆虫の寄主植物特異性の機構の解明」代表:土'田 努, 3,300千円