文部科学省平成27年科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)

Menu
  •  ホーム -> 
  • ニュース、イベント -> 
  • 12/7)富山大学「ダイバーシティ・シンポジウムPart2~すべての人が、生き生きと活躍できる社会に~」を開催

12/7)富山大学「ダイバーシティ・シンポジウムPart2~すべての人が、生き生きと活躍できる社会に~」を開催

日  時:2020 年12 月7日(月) 13:30-15:30
会  場:富山大学五福キャンパス 黒田講堂ホール(オンライン配信あり)
参加者:82名

 

 富山大学は令和2年12月7日に、女性研究者支援の取組や社会の多様性について考えることを目的としたシンポジウム「ダイバーシティ・シンポジウムPart2 ~すべての人が、生き生きと活躍できる社会に~」を、五福キャンパス黒田講堂ホールとライブ配信の併用により開催しました。

 第1部では、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択された本学の6年間にわたる女性研究者支援事業を検証しました。国立研究開発法人 科学技術振興機構の山村康子プログラム主管による特別講演では、研究環境整備や上位職登用についての様々な施策や課題、好事例などが紹介され、継続的な取組が必要であるとの説明がありました。続いて本学ダイバーシティ推進センターから、本事業の特色である「国際型女性研究者育成プログラム」におけるこれまでの活動や成果を報告し、金沢大学学長補佐の長谷部徳子氏からの外部評価講評で締めくくりました。

 第2部は、本年度4月から「男女共同参画推進室」より「ダイバーシティ推進センター」へと発展的に改組したことを踏まえ、「これからの社会の多様性について考える」と題し、1.身体的障害・発達障害、2.性的マイノリティ、3.異文化コミュニケーションについて本学の3名の教員による専門的見地からの話題提供を行いました。会場やオンラインでの参加者からは活発に質問があがり、「話題提供のテーマが幅広く、勉強になった」「もっとお話が聞きたかった」などの声が聞かれました。ライブ配信では一般の方や学生など、学内外の幅広い方からの参加があり、様々な多様性について焦点をあてたシンポジウムは、北陸初の試みとして多くの関心が寄せられました。


外部評価講評:
金沢大学 学長補佐(男女共同参画推進担当) 長谷部徳子氏



話題提供1:身体的障害・発達障害
富山大学 保健管理センター 准教授 西村優紀美先生



話題提供2:性的マイノリティ
富山大学 学術研究部人文科学系 准教授 林夏生先生



話題提供3:異文化コミュニケーション
富山大学 学術研究部教育学系 准教授 池田丈佑先生