富山大学 ダイバーシティ推進センター

Menu

富山大学ダイバーシティ推進宣言

富山大学ダイバーシティ推進センター ロゴ

富山大学は、地域と世界に向かって開かれた大学として、令和2年(2020年)4月、「ダイバーシティ推進センター」を設置しました。これまでの「富山大学男女共同参画宣言」とダイバーシティ推進のための基本方針を踏まえ、SDGsの目標でもあるジェンダー平等をより一層推し進めます。さらに、性別、性的指向と性自認(略称SOGI)、障がいの有無、年齢、文化、宗教、信条、国籍などの多様性を尊重し、それぞれが自らの能力を発揮し、皆が生き生きと活躍できる教育・研究・職場環境づくりを進めることを宣言します。


ダイバーシティ推進のための基本方針

  • 1.すべての学生・教職員が、互いの違いを受け入れ、尊厳と個性を尊重し合いながら、学修・教育・研究・就業に専念し活躍できるよう、意識の啓発に努めます。

  • 2.多様な人材を積極的に雇用し、誰もが安心して安全に業務に従事できるよう、就業規則や就労環境の整備を行います。

  • 3.ダイバーシティ推進の視点に立った社会への貢献や、国内外の教育機関や社会との協調・連携を進めます。

令和2年8月1日

富山大学多様な性的指向・性自認(SOGI)に関する基本指針

  • 1.性的指向(Sexual Orientation)と性自認(Gender Identity)の多様性と権利を認め、偏見や差別、ハラスメントを無くし、すべての学生や教職員の尊厳が守られるように積極的な啓発活動や研修会等を実施する。

  • 2.SOGIに関する個人情報の取扱いには十分に配慮し、本人が望まない第三者への暴露(アウティング)が起こらないようにする。

  • 3.学生や教職員がSOGIに関わる不利益な扱いを受けることなく、安心して学修(教育・研究等)や就職活動、就労(人事制度や福利厚生も含む)および相談ができるように、学内環境の整備・点検を行い、必要な措置や制度を構築する。


注)SOGI(読み方 ソジ)Sexual Orientation and Gender Identityの頭字語
令和2年11月24日



ダイバーシティ推進センター長ご挨拶

富山大学ダイバーシティ推進センター長 小野 直子

富山大学ダイバーシティ推進センター長 小野 直子

 ダイバーシティ推進センターの前身である男女共同参画推進室は、平成20(2008)年7月に設置されました。初代室長は小松美英子先生で、その後永山くに子先生、市田蕗子先生へと引き継がれ、平成31(2019年)に着任された宮内伸子先生の2年目からダイバーシティ推進センターへと発展的に改組されました。その後センター長に着任された神川康子先生からバトンを引き継いで、私は2021年4月にセンター長に着任いたしました。

 富山大学では、男女共同参画推進室の時代から、学生や教職員が性別にかかわりなく、互いの人権を尊重しつつ能力を十分に発揮できる教育・研究・職場環境の形成、仕事と家庭生活とを調和させるための支援、男女が共同して大学の運営にあたる体制の構築を進めてきました。そして平成27(2015)年には、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採用され、全国的にも新しい国際型女性研究者プログラムを導入しました。そこでは、グローバルな視野と卓越した実力を有する国際型女性研究者を増加させ、彼女たちが若い世代に波及効果をもたらすことで、次世代の女性研究者の裾野を拡大させる仕組みを構築してきました。

 ダイバーシティ推進センターでは、これまでの男女共同参画推進室の活動を発展させ、SDGsの目標でもあるジェンダー平等をより一層推し進めるとともに、さらに多様な人々が互いに尊重し合い、各々の能力や個性を十分に発揮して生き生きと活躍できる教育・研究・職場環境作りを進めていきます。特に社会が急速に変化している現在、各人が多様な方向性を持ちながら、意見交換し、協力して良い方向を模索するための環境を作っていくことが不可欠です。さまざまな背景や経験、視点を持つ人々との協働は、新たな視野と知見を得ることを可能にし、社会の諸課題に対するより適切な解決法をもたらします。また、育児や介護などを含めた個人の事情に合わせた働き方が可能になれば、各人の能力を十分に発揮して社会に寄与することができます。

 富山大学を、多様な人々が生き生きと活躍できる組織に変革していくことによって、そのような考え方を社会全般に定着させ、より柔軟で暮らしやすい社会を築いていくことを目指しています。微力ではありますが、そのために鋭意努力する所存です。今後とも学内外の皆様からのご理解とご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ダイバーシティ推進センター体制図

sikaku_p.gif


ダイバーシティ推進センター構成員(R3.7.1現在)

学長補佐・センター長(人文科学系 教授) 小野 直子

学長補佐・副センター長(理学系 教授)  張 勁

副センター長(工学系 教授)       大路 貴久

副センター長(教育学系 准教授)     藤本 孝子

副センター長(理学系 助教)       佐藤 杏子

コーディネーター             甲斐田 直

事務職員                 南 和江

事務職員                 竹岡 美樹

事務補佐員                浦上 忍


富山大学のこれまでの取組み

sikaku_p.gif

 本学は、平成20~22年度の3年間、「女性研究者支援モデル育成」事業に採択され女性研究者の基盤整備を行ない、「意識改革」「人的資源の循環と女性研究者の裾野拡大」「女性研究者の研究推進のための教育・研究環境の整備」を柱にして『富山循環型女性研究者育成システムの構築』に取り組んだ。この事業採択により、本学に初めて男女共同参画推進室が設置され、小松美英子理学部教授が室長に任命された。この間、工学部に初の女性教授が誕生した。

 平成23年~平成26年度は、永山くに子医学部教授が室長を務め、平成25年度からは本学初の女性学長補佐(男女共同参画担当)として男女共同参画推進に努めた。平成25年には2人の女性学部長(人文学部、人間発達科学部)も誕生した。

 平成27年4月からは、市田蕗子医学部准教授・学長補佐が室長を務め、同年7月には「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択された。本事業では、『国際型女性研究者育成プログラム』を導入し、女性研究者の上位職登用を視野に入れた事業を展開している。平成31年4月からは宮内伸子人文学部教授が、令和2年6月からは神川康子名誉教授(前理事)がセンター長を務め、令和2年4月から「男女共同参画推進室」は「ダイバーシティ推進センター」と改め、全学的な体制を構築した。令和3年度4月から小野直子人文学部教授・学長補佐がセンター長に就任した。

sikaku_p.gifsikaku_p.gif