教育改善

●教育点検システムを図1に示す。以下,4つの委員会を立ち上げて改善を図っていた。
それぞれの委員会における会議は学科会議に一括して行うことになった。


1.計画委員会(Plan)  ・・・主に教育目標を検討し設定する
2.実行施委員会(Do)  ・・・主に具体的に教育の実施を検討する
3.点検委員会(Check)  ・・・主に教育効果を検討する
4.改善委員会(Action) ・・・主に教育改善を検討する

  ○教育点検・改善システムを構成する委員会名簿

1.計画委員会 松田,才川,山根
2.実行委員会 砂田,柴柳,並木
3.点検委員会 高瀬,畠山,中村,石原
4.改善委員会 西村,佐伯,吉田



図1.教育点検・改善システム図


 上記システムと講座外との関係は図2「教育点検・改善システムと学科および学科外との関係」のような位置付けであり,材料工学講座会議の意見や提案は,講座主任,材料工学講座教務委員,システムに含まれる教育点検・評価委員会および教育改善委員会委員長を通して,学科教育改革検討委員会,工学部教務委員会および工学部教授会に伝えられる。

 



図2.教育点検・改善システムと講座外委員会との関係


 この教育点検・改善システムは講座内に存在する。学習・教育目標達成度は在学生による「」を集計することで得る。また,企業上司による卒業生評価アンケートや卒業生に対する評価アンケートを集計し,学習・教育目標の点検と改善に継続的に反映させている。在校生に対する評価アンケート

 



図3.継続的教育点検・改善システム


 教育内容,教育手段および教育環境等の改善が行われている。教育点検の結果に基づいて,学習・教育目標達成度の評価方法・評価基準等の改訂が行われている。さらに,これらの改善活動を継続的に行う図3のシステムが機能している。