とやま呉西圏域共創ビジネス研究所 第2期

とやま呉西圏域共創ビジネス研究所 第2期 事業レポート02

とやま呉西圏域連携中枢都市圏富山大学


2日目 地域再生論 ①

日 時 2018 年 8 月 10 日 15:00 ~ 18:00
会 場 富山大学 高岡キャンパス 大会議室
内 容 オリエンテーション / 自己紹介 / 地域再生論 ①

 とやま呉西圏域共創ビジネス研究所 2日目が開講。オリエンテーションとして1期の研究生OBによる課題解決とビジネスへの展開などの説明や今後の流れを確認し地域再生論として「企業による地域づくり」の基礎講義が行われた。


オリエンテーション

富山大学 地域連携推進機構 地域連携戦略室
地域連携プロデューサー 藤田 敬人 氏

 地域づくりを取り巻く環境が人口減少・少子高齢化といった地域課題から内需を生み出し、地域経済の循環を生み出すことが重要で、企業・金融・行政・大学が早い段階から地域課題を共有し一緒に考え、地域と社会が関り、地域課題をビジネスで解決していくことが研究所の目的。

 これからの地域づくり(国土形成計画、地方創生)は、民間主導のCSV、ソーシャルビジネスが中心になり、地方の小さなビジネスが注目されるようになってきた。研究所では「必要とされるイノベーションプロセス」として本業+地域課題+地域資源を考えていくこと自体がCSVを考える事につながる。国の動向や社会情勢を知り、呉西圏域における潜在的なニーズ・ビジネスチャンスを探り、事例を真似するだけでなく、いきさつや考えを知ることが重要。大学は情報を提供することによりお手伝いしたい。

 今後のスケジュールや、外部講師などの紹介、最終的なビジネスコンセプトの発表方法などを確認した。


研究生 自己紹介

2期生の自己紹介として「業界はどうなっているか・これまで何をやってきたか・自分の企業の将来は?」をテーマに自己紹介をした。


天野 修
(有)天野餅店
石森 佑輝
(有)石森石材
木村 吉秀
木村産業(株)
天野 修 石森 佑輝 木村 吉秀
吉田 剛
(株)国際有機公社
瀧内 満
(有)タキシンヤ
加治 幸大
北陸ポートサービス(株)
吉田 剛 瀧内 満 加治 幸大


地域再生論 ① 企業による地域づくり

金岡 省吾 富山大学地域連携戦略室長・教授

 人口減少時代で今までの生活水準が維持出来なくなってくる。富山大学が進める新しい地域づくりとは? CSRからCSVへ、アイデアがビジネスプランとなり自走する仕組みを作りたい。

 「人口減少=顧客減=ビジネスが成立しなくなる」と考えられがちだが、自社の強みと地域の課題を見つけ新しいビジネスの形を見つけ出してほしい。




グループワーク

地域が活性化している状態とは、企業はどうあるべきかについてグループ討議を行った。


グループA

会社・従業員が共に地域の未来を創造し地域課題・地域資源を見つけ地域を活性化することが重要。


グループB

どのような企業が理想なのか?で話したが、地域貢献するのは元気で積極的な企業の責任。地域の資源を見つけるのも企業の責任。従業員が誇りを持てる環境づくり、地域の課題を解決する能力・技術を身につけて地域の生産性を高める努力が必要。




協力機関
  • 高岡信用金庫
  • 富山銀行
  • 富山第一銀行
  • 日本政策金融公庫 高岡支店
  • 北陸銀行
後援
  • 経済産業省 中部経済産業局 電力・ガス事業北陸支局
  • 公益財団法人 富山県新世紀産業機構
  • 国土交通省 北陸地方整備局
  • 財務省 北陸財務局
  • 高岡商工会議所
  • 独立行政法人 中小企業基盤整備機構北陸本部
研究所事務局
  • 高岡市 市長政策部 都市経営課
  • 富山大学 地域連携推進機構 地域連携戦略室


Copyright © 2018 とやま呉西圏域共創ビジネス研究所 第2期 All rights Reserved.

▲ ページの先頭に戻る