魚津三太郎塾第6期
魚津市/富山大学

事業レポートReport

魚津三太郎塾第6期11日目 演習②

日時:平成30年1月15日(月)14:00〜17:00
会場:魚津市役所 第1会議室

魚津三太郎塾第6期の11日目が開講。第6期2回目となる全体演習をおこない,前回の全体演習で発表した1行コンセプトから更に踏み込んだ3行コンセプトを発表・討議した。これまでの個別演習などを通じ,各塾生企業の課題と地域課題を解決する新しい取り組みへの概要やイメージを発表し,全員で課題と情報の共有を図り,意見交換をおこなった。

演習②

11日目第12限 演習&討議
水循環を守り・育み・活用する企業行動とは 〜3行コンセプト(事業概要)発表〜

冒頭に,本日の進め方と前回までの復習,今回の演習のねらいと目的について説明。10限11限の講義内容とポイントの振り返りと11月から12月に開催した個別演習および各塾生の職場を訪問したヒアリングの模様を伝えた。

本塾の柱のひとつでもあるCSV(共通価値の創造)の概念を復習。新しい取り組みをすることは,企業・地域の両者の課題を解決する価値があるから意味があり,魚津でしかできないこと・あなたしかできないこと,他ではマネができないことが個性で,魚津の水循環(地形・自然)を活用することも個性となる。「環境ビジネス」「社会的課題」「地域的課題」「価値の創造」のキーワードを忘れずに独自性を出した事業提案を目指して欲しいと説明。今後のスケジュールを示し,事業提案の最終発表までの流れを確認した。

今回の演習は,各塾生が前回演習で発表した1行コンセプトから深く踏み込んで事業概要・構想,事業イメージなどを短くまとめて説明する3行コンセプト発表がおこなわれた。各塾生は,8分間の限られた時間で要点を伝えることができるかを意識して,「地域や自社の課題設定が適当か?」「本業あるいは特徴・特技を活かしているか?」「具体的な効果は?仮説を立てているか?」「将来像は?方向性は?何を目指しているか?」「他力本願でなく,自らが実施する内容か?」などのポイントを限られた時間で伝えられるかに留意した発表がおこなわれた。発表後には,20分間の持ち時間で質疑が行われ、内容や課題について塾生や金岡教授、事務局と質疑応答が行われた。今回の演習を通じ,塾生の事業構想やビジョン・方向性の確認や今後の課題明確化がなされ,意見やアドバイスなどを活かし最終形となるポスターの叩き台作成に取り組み,個別事業プランの課題克服とブラッシュアップを図り,次回の個別プレゼンテーション演習へ臨む。