高岡高等商業学校:TCC:Takaoka College of Commerce

歴史

富山大学経済学部前身の文部省直轄「高岡高等商業学校」は1924(大正13)年9月に設置。 1944(昭和19)年3月に「高岡経済専門学校」と改称し,同年4月に「高岡工業専門学校」に転換。 1949(昭和24)年5月設置の「富山大学文理学部経済学科」により事実上復活し,1953(昭和28)年8月に「富山大学経済学部」となる。

※文献:『高岡高等商業学校史』1945,『富山大学十五年史』1964,『富山大学経済学部五十年史』1973, 「 第II部 部局編 経済学部 第1章 官立高岡高商の設立から転換まで」『富山大学五十年史』2002,『高岡高等商業学校一覧』1925-1942, 『学友会誌』, 『志貴野』,『報国団報志貴野』1926-1944,『同窓会誌』,『高陵』1929-1943。

蔵書

高岡高等商業学校蔵書は高岡工業専門学校を経て富山大学附属図書館(工学部分館)に引き継がれる。 経済学部関係の図書と雑誌は経済学部に所蔵され,一般教養及び自然科学系資料は附属図書館で保管。

工業専門学校転換前の蔵書は46,581冊(和漢書34,476冊,洋書12,105冊)。昭和23年8月に戦災で蔵書を焼失した高松経済専門学校(旧高松高等商業学校)へ248冊(和書184冊,洋書64冊)移管。[昭和24(1949)年の富山大学附属図書館発足時に旧高岡工業専門学校・旧高岡経済専門学校蔵書を所蔵する工学部分館蔵書は,50,240冊(和書38,980冊,洋書11,260冊),旧富山高等学校蔵書26,737冊(他にヘルン文庫2,435冊),旧富山・青年師範学校蔵書20,626冊,旧富山薬学専門学校蔵書12,021冊。]

刊行物

商品学教材

高岡高商が商品学の教材として大正15年から昭和7年までの期間に収集した資料の一部,工芸品77点が昭和60(1985)年9月に富山大学工学部から高岡短期大学へ移管された。現在は,富山大学芸術文化学部に保存され,地域産業資料データベースに登載・公開されている。※文献:『高岡短期大学十年史』(1994)

貨幣標本は1961年12月に工学部から経済学部に管理換。掲載の写真は1982年7月〜1996年頃の撮影で,標本ケースには高岡高商当時の標題ラベルなども見られる。現在はケースが更新され,特別史料室にその一部を展示している。

学友会活動

関連情報

資料室  法令判例資料室 トップ 富山大学経済学部 問い合わせ  作成:2004年1月21日 更新:2021年09月17日